スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【思い付き】原チャ男【パクり?】

その物語は、ある曲がり角から始まった。

走り屋でもなんでもない、ただの原付に乗っていた24歳の毒男。
唯一普通でないところがあるとすれば、「ねらー」であることだけ。
そんな彼が、なんてことのないある晴れた日に出会った出来事。

それはただ少し安全確認を怠っただけだった。
いつも通っている道で、今日もどうせ誰もいないだろうとたかをくくっただけのこと。
しかし彼は見通しの悪い交差点で左折した途端、
たまたまそこにいた男をはね飛ばしてしまったのだ。

何が起こったかわからずに、原付ごと横倒しになる毒男。
そして遅れて聞こえた女性の悲鳴。
「ぇっ?あ、ぇえっ?」
状況を把握できずにキョロキョロしながら辺りを見渡す。
「あ、あの、助けてくれてありがとうございます!」
「え、は?、、、いや、ぁ救急車とか、呼びますか?」

これは後でわかったことだが、その女性は見知らぬ男に因縁を付けられ困っていたのだという。
さらに話を聞いていくと、実は彼女は新米の美人弁護士だったのだ。
「私、一緒に(法廷で)闘いますから!」
「(天然ボケ巨乳弁護士お姉さま萌え(´Д`*)ハァハァ)」







、、、もうダメだ、正直ごめんなさい。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。