スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

争えない血

 僕は3人兄弟の末っ子でして(甘えん坊さんです)、実は上の兄弟には劣等感を抱いて育ちました。だって上の二人はエリートもいいとこだぜ? 大学ランクがSだのAだの、おまえらどこの有名プロダクションのアイドルだよ。

え、僕の大学? Dランクったかな(笑) ランクアップリミット(笑) 志半ばで引退コンサート(笑)


でまぁ、どこの学校にもガキ大将みたいな奴っているもんです。

友「おまw宇大てwww」

そいつは僕よりずっといい大学行ったんで、高校卒業間近の僕は、押し黙るしかなかったのでした。


前置きが長くなった。

まあ、僕ももしかしたら、頑張ればできる子なんじゃないかな、と思ったりした日だったのでした。会社からの扱いは高卒並みですが、やれるだけやってみるつもりです。けっこう必死。

学生のうちに、接客のバイトとかしときゃよかったぜ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。