スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー:とある魔術の禁書目録(インデックス)〈6〉(著:鎌池和馬)


物語の核心に迫っていく導入といった感のある巻。

風斬氷華の存在感がもっとあると良かったなーと思ったから、氷華はけっこう好きなキャラだと思う。
シェリルもいろんな意味で良い悪役してた。「何かを操る術者は本体が弱い」っていうのもよく出てたし。
インデックスの戦闘もよかったし、地味に良い巻。

あと文庫本のブックカバー買いました。幌布製のもの。
割りと雑にカバンに入れても本が傷みにくいし、良い感じです!

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【愛情一発 チオビタドリンク】

物語の核心に迫っていく導入といった感のある巻。風斬氷華の存在感がもっとあると良かったなーと思ったから、氷華はけっこう好きなキャラだと思う。シェリルもいろんな意味で良い悪役してた。「何かを操る術者は本体が弱い」っていうのもよく出てたし。インデックスの戦闘...

まとめteみた【愛情一発 チオビタドリンク】

物語の核心に迫っていく導入といった感のある巻。風斬氷華の存在感がもっとあると良かったなーと思ったから、氷華はけっこう好きなキャラだと思う。シェリルもいろんな意味で良い悪役してた。「何かを操る術者は本体が弱い」っていうのもよく出てたし。インデックスの戦闘...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。