スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Play ギフトカードでラブカストーン購入が捗るな


時おり割引販売などされているiTunesカードなどを指を咥えて見ることしかできなかったAndroidユーザーですが、ついに日本でもGoogle Playカードが発売開始となりました。
というわけで、記念に買ってきましたよPlayカード。



裏面にスクラッチ部分があるので、削るとコードが出てきます。
基本的にはGoogle Playの画面などから、このコードを入力することになります。

早速使ってみて、まぁほとんど迷うこともなかったのですが、せっかくなので使用方法を画面と併せて紹介。
まずはおなじみ、ラブカストーン購入画面。


ここでラブカストーン86個を選択すると、Google Playの支払い方法選択画面が表示されます。
(カード番号は加工しています)

右上に「¥5000」の表示(赤枠部分)があるので、ここをタップ。



「お支払いオプション」(赤枠部分)が表示されるのでタップ。



「コードを利用」(赤枠部分)をタップ。
コードの入力欄が表示されます。



スクラッチを削って出てきたコードを、入力欄に打ち込みます(赤枠部分1)。
入力したら、「コードを利用」(赤枠部分2)をタップ。



使用したカードの金額分がGoogle Playアカウントにチャージされました。



お支払いオプションの選択画面に戻ると、「Google Playの残高」にチャージした金額が表示されているので、残額を確認してタップします。



残額が無い時はクレジットカード番号が表示されていましたが、今度は「Google Playの残高」が支払い方法に選択された状態となるので、「購入」をタップ!



お支払い完了!



無事、ラブカストーンを購入できました。あとはいつもどおり特待生ガチャを回しましょう。

スクフェサー的には、3000円、5000円、10000円が使いやすく、よくお世話になることになると思います。
しかしながら、今のところ一部の店舗でしか販売されていません。
ウワサによると今はまだ先行販売という扱いのため、4月まではちゅんちゅんカードのような割引販売もないとか(真偽は不明)。

とはいえ、クレジットカード決済と違って先払いなので、延々と課金し続けたり、後からまとまった支払いに悩まされたりといった不安がありません。
要はコントロールしやすいので、無(理のない)課金がしやすくなりますね。

なお、ちゅんちゅんカードはコードを手入力しなくても、カメラでバーコード読み取りとかもできる模様。
Google Playカードも、そういった利便性も向上させながら、より普及を図ってほしいところです。

Androidユーザーの皆様、1枚いかがですか?

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。