スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSVita】CHAOS;CHILD ネタバレ無し感想 最高にくそったれなゲーム

嵐が過ぎ去った後に見えたのは、涙で滲む青空でした。

CHAOS;CHILDはMAGES.(5pb.)がリリースした、CHAOS;HEAD、STEINS;GATE、ROBOTICS;NOTESに続く科学ADVシリーズの第四弾。
2014年12月にXboxOneで発売され、その後2015年6月にPS4、PS3、PSVitaで移植版が発売されました。

舞台は2015年の渋谷。6年前に起きた連続殺人事件をなぞらえたかのように、同じ日付に起きる猟奇的な殺人事件。
それを追い始めた、高校生で新聞部部長の宮代と、その仲間たち。
事件を追っていたはずが、いつの間にか当事者として巻き込まれていき……


というのが超ざっくりなあらすじになりますが、とにかく物語へと引き込まれました。
アドベンチャーゲームは苦手なジャンルだった自分が、毎晩のように朝までプレイしては寝坊するということを繰り返して、2週間足らずでTRUEエンドまでクリアしたほどです。

個々の事象を書いていくとネタバレになってしまうので控えますが、とにかく面白かった。
いや、「面白い」という言葉で片付けてしまうのがはばかられるほど、心を揺さぶられました。

共通ルート(1周目は必ず同じエンディングにたどり着く)、キャラ個別ルート、そしてTRUEエンド。
認識がどんどん覆される。何が本当で何が嘘なのか、優しさなのか悪意なのか、信じていいのか裏切られるのか。
殴られたかのような大きな衝撃もあれば、じわじわと侵食するような演出もある。

あるプロデューサーと飲んだ時に聞いた「シナリオがあって、絵があって、音楽があって、そこにインタラクティブ性もある。ゲームってのは最高のエンターテイメントだよね」という言葉を信じるに足る作品。
まさに、ゲームという表現でしか体験することができなかった、最高の作品でした。

言葉を選ばずに言うと、「5pb.はシュタゲがラッキーヒットした一発屋」というイメージを払拭する名作だと思います。

テレビアニメ化も決まっていますが、ゲームで体験した感動は絶対にテレビアニメでは味わえないのではないかと思います。
もし少しでも興味があるなら、今のうちにゲームをプレイしておくことをオススメします。







【iOS】ロイヤルフラッシュヒーローズ

iOSでリリースされたというロイヤルフラッシュヒーローズ(ロイフラ)をちょっとプレイしてみたので第一印象。
(事前情報なしで、たまたまAppStore開いた時に見てインストールしてみた)

公式ページ:https://lp.royflu.amebagames.com/

続きを読む »

【PSVita】ラブライブ! School idol paradise

発売日に買って(同僚に見つかって恥ずかしい思いをして)からしばらく放置してた、PSVita用ソフトの「ラブライブ!スクールアイドルパラダイス」。
先日ようやく開梱して、まだやり尽くしてはいないけど、とりあえず3種ともトロコンしたので感想など。

・前情報は

残念ゲーというような風評が多かった気がする。
PSStoreを見てもDLCが増えてたりもしないし、盛り上がらなかったんだと思う。

以下は自分がプレイしてみての感想

続きを読む »

【映画】楽園追放 -Expelled from Paradise- を見て【ネタバレ】


東映アニメーションとニトロプラス、グラフィニカが生んだオリジナルアニメーション映画。
脚本、演出、映像、音声、そして声優と、さまざまな要素が高いレベルで調和した素晴らしい作品でした。

地味に話題になっているこの作品、劇場で見て完全に虜になりました。
で、パンフレット読んだりインターネットで公式・非公式問わず情報をあさったり、そして2回目、3回目と劇場で見て感じたことを書いたり・・・しようと思いましたが、ケツとか脚本とかだいたい語り尽くされてる感あるので、適当に書いていきます。



もうBDも出たし、上映が終わってる劇場もあるのでネタバレを恐れずに書きますが、まだ見てない人は読まないでください。マジで。
初回は前情報無しで見るのが良いです。全く事前知識無しでもストーリーにちゃんとついていけるくらい、脚本や構成がしっかりしてるから。

続きを読む »

【PSVita】ダマスカスギヤ~東京始戦~

PlayStationVita用ダウンロード専用ソフト、ダマスカスギヤ東京始戦

せっかくトロコンしたので、レビューという名の個人的な感想をつらつらと。

【ゲーム概要】

クォータービューのロボットハクスラ、いわゆる狩りゲー。
敵を倒したりミッションをクリアすることでパーツが手に入るので、それを装備したり、売ってお金にしてショップでパーツを買ったりする。
プレイヤーのスキルよりもパーツが重要(=強いパーツがあれば下手でもOKだが作業ゲー)。

一応ストーリーもあるがオマケ程度のため、感情移入はしづらい。想像で補わないといけないレベルで説明不足。
絵柄、ストーリー展開ともアメコミ風味な印象。

【操作性】

攻撃動作は基本的に足が止まるが、回避動作でキャンセル可能。
脚パーツによって速度が大きく変わる。
ロックオンは任意で変更できず、最初にロックオン範囲に入った敵にロックが吸われる。基本的には近い相手をロックする。
ボタンホールドでロックオンとかができればもっと良かった。
ロックしてる相手に弾が飛んでいく武器と、自機が向いている方向に弾が飛んでいく武器がある。

背面タッチで離れた位置のドロップアイテムを自動で集めてくれるけど、自分の場合はVitaの持ち方になれてないせいか勝手に背面タッチしちゃうので、ほぼオートでアイテム拾ってくれる。

【ギヤ】

プレイヤーが乗って戦う機械。

機体を構成するのは頭、胴、肩、腕、脚の5パーツと、手持ち(左右)、背中の3つの武器を組み合わせる。
パーツ変更で見た目が変わり、パーツごとにカラーリングも変更可能。
パーツごとに設定された基本性能に加えて、ハクスラ要素として、ランダムでスキルが付与される。

【雑感】

システムを単純にしたバルドフォースって感じ。
DLCのミッションやると強力なパーツ手に入るので、先に取っておくとメインストーリーが楽になる。

貫通付きのショットガンがボスにも雑魚にも有効で、汎用性が高い。というかこれだけで良い。
ここらへんガンハザードと一緒か。威力下げすぎてもゴミになるしバランスが難しいんだと思う。

サブウェポンはミッションによっていろいろ使い分けたほうが進めやすかったので、そこは良かった。
レーザーキャノン、グレラン、ミサランもそれぞれ向き・不向きがあるし、逃げる相手にはルート上に地雷を置いたり、おつかいミッションではOD積んだり(ただ、マップ切り替えると効果が消えるので使いづらかった)。

サテライトキャノンはロマン武器。

ダウンロード版のお手頃なお値段以上に楽しめました。

以下、攻略情報っぽいこと(公式サイトにいろいろデータ載ってるのでかなりの蛇足

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。